プロフィール

あめ

  • Author:あめ
  • てきとーに遊んでいるお部屋にようこそ!!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

舞う白い羽

powered by World 7258 Web

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルダンサー

イギリスの映画です。


男の子がバレエ・ダンサーになりたいなんて! と炭坑ストライキで失業中のパパは猛反対した。パパは11歳のビリーにボクシングやフットボールで強い男になってほしかった。でも、ビリーが夢中になったのはクラシック・バレエ。バレエの先生だけが、ビリーのダンスの才能を信じていた。女の子に混じってバレエの練習をするのは恥ずかしかったが、ビリーはお風呂に入っている時も、学校に通 う時も、もっと上手に踊りたいと、練習を重ねていた。「リトル・ダンサー」は小さな体で大きな夢に向かって羽ばたくビリーの物語。ひたむきなビリーの姿はすべての人に夢をみることを思い出させてくれる。



 主人公ビリー役には2000人を超えるオーディションから、13歳のジェイミー・ベルが選ばれた。
カンヌ映画祭監督週間でクロージング上映されるや、“無名の少年が一夜にしてスターに!”と絶賛され、涙と笑いと感動で大きな拍手を受けた。



映画のラストではビリーの大人バージョン=(アダム・クーパー)が出てきます。

 ラスト・シーンに登場、ダイナミックかつ華麗な白鳥の飛翔で魅了するアダム・クーパーは、英国を代表する世界的トップ・ダンサーの一人。
 1971年、ロンドン生まれ。父が音楽教師をしていたアーツ・エデュケーショナル・スクールでタップ・ダンスを学んだ後、ロイヤル・バレエ学校に入学し、89年ローザンヌ国際バレエ・コンクール東京大会でプロフェッショナル賞を受賞。このとき金賞を受賞した熊川哲也とは同級生である。兄サイモンもダンサー。
 89~97年、ロイヤル・バレエ団に在籍。94年よりプリンシパルを務める。そのかたわら95年より、新解釈で注目を集めロングランとなったAMPの「白鳥の湖」に主演を続け、97年イヴニング・スタンダード賞等を受賞。ブロードウェイ公演では99年トニー賞ミュージカル部門最優秀男優賞にノミネートされた。現在はフリーでAMPを中心に活動。振付家としても活躍している。


ビリーをバレエ学校にやるために、お父さんはストをしている炭鉱のみんなを裏切って、
仕事をもらいに行きます。
それを見て、他の仲間たちもビリーのために何かしてやろうと考えます。

何もないけれど、これから頑張ろうとするビリーのためにみんなが努力してくれます。
ビリーもはじめは信じてもらえなかったお父さんに背中を押されて試験会場に向かいます。

お母さんのいないビリー、少し物忘れの激しいおばあちゃん、不況で炭鉱の仕事もなく、生活の苦しいお父さん、お兄ちゃん、みんなで待ったバレエ学校の合格発表~

うううう・・・・なんだか、父になったり、母になったり、子供になったり、
貧しい社会的な背景の中で、夢を見た一作でした。
スポンサーサイト

評決のとき

私の映画の先生(ショップのお姉さん♪)に薦められた一本

マシュー・マコノヒーは、熱演~。
いまさらながら確かめると、奥さんがサンドラ・ブロックだった。

出演者もサミュエル・L.ジャクソン  ケヴィン・スペイシー
    ドナルド・サザーランド  キーファー・サザーランド

おおおーーすごかったのじゃ、あんまり気にせずにずっと前に観てしまったので、もう一度観てみようかなぁと思ったりもして、、、

ストーリーは(アマゾンより・・)

ミシシッピー州カントンの裁判所で、ふたりの白人青年に暴行された黒人少女の父親カール(サミュエル・L・ジャクソン)が犯人を射殺。新米弁護士ジェイク(マシュー・マコノヒー)は彼を弁護することになるが、人種差別のはびこる南部の町を舞台に、やがて事件は白人と黒人の対立という大きな社会問題へと発展していく…。
ジョン・グリシャムのベストセラー小説を『タイガーランド』などジョエル・シューマカー監督が映画化。アメリカ映画では繰り返し描かれてきた人種差別問題をモチーフにしているが、ここで彼は単に多彩なキャストをさばくといった職人芸だけではなく、グリシャム小説につきものの作り物めいた物語性をいかに払拭させ、社会的反骨の姿勢をもって演出に腐心しているかが容易にうかがえる。ケヴィン・スペイシーが憎まれ役検事を熱演。

続けて二本見た法廷もののひとつ、
黒人差別について、考えさせられる。
そして、まだまだ残る、KKK(クー ・クラックス・クラン)についても知ることになる。日本ではなじめないものです。

KKK=クー・クラックス・クラン。南北戦争が終了した1865年、テネシー州で結成された反黒人秘密結社。南部の「黒人による支配」に反発し、「白人支配の復活」をめざして、解放されたばかりの黒人や、黒人を支持する白人を襲い、すさまじいリンチを加えた

最後まで無事に裁判は行われるのだろうか、最終弁論で、陪審員の気持ちを動かすことが出来るのだろうか、マシューの力説に、涙しちゃった~。

でも、結末は、アメリカ的っていう人も多く、情に訴えただけで一件落着はありか?
もっと社会的な法に訴えるような結末でも。。っと言うことらしいけど、
私は、すっかりやられてしまいました。

まず、観てから、、、ぼちぼち語ろうか・・ という映画です。



ドッジボール

  


  ----ドッジボールについてお勉強----


 ドッジボールは15世紀の中国で生まれた。
 最初は斬殺された首を投げていたらしい。

 アメリカでは、
 各チーム6人で6個のボールで戦う。

 ノーバウンドのボールをとったら、相手は負け、
 チームの一人が復帰できる。



  ---ドッチの五つの『D』を覚えよう---


    ドッジ=かわす
   
    ダック=しゃがむ
   
    ディップ=かがむ
   
    ダイブ=伏せる
    
    ドッジ=かわす

   以上、たまの扱いにはくれぐれも注意ーーー!!!

インファナル・アフェアⅡ

このパート2は過去にさかのぼり、ふたりが過酷な運命に身を投じることになった経緯が描かれる。
リベンジ~今度は観た!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。