プロフィール

あめ

  • Author:あめ
  • てきとーに遊んでいるお部屋にようこそ!!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

舞う白い羽

powered by World 7258 Web

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月の雪・ひとまずまとめ

今日の感想
 なんだかまとまりもなく、忘れないうちに書こうと思ったけど、
やっぱり何書いてんだか~状態になってきた。

明日になるので、ここでまとめる。

一番最初は、わかりにくい映画だと思った。
説明がなさすぎる。日常(って非常な日常だけどね)を切り取って貼り付けた感じだった。

だから、ジノジノの中では時間の経過順にすべてがまわっているんだけど、こっち側の私たちの中では、わかりにくい。

二番目に思ったのは、カットシーンが多すぎる。
あんなに観た映像のほとんどがなかった。
でもこれは先にも言ったように、特典映像として、蘇ることを期待しよう~~。

次は、やっぱりわかりにくいに入るんだけど、どうして、ここで?
どうしてこーなるの?っていうシーンがたくさん出てきて、
たとえば、インスのおうちの片付けたところとか、最後の泣くところとか、夫が死んで、あっという間に二人の関係がなくなるところとか、
はじめに、どうして、二人はケータイのメアド、番号を知ってるの?って思ったし、、、

それと同じタイミングで薬局に眠れないので、くすりをって場面はいったの?あっそうか、そのあとにつなげるためにいったのかな。すぐにあそこでもよかったような~?だめ?意味があった?

そして最後の場面~~。
あのときにラジオのニュースで、四月の雪のコメントが~~。
ここを友達と語ったわけよ。
で、しゃべってると、何回も観た友達は、あれは二人が車に乗ってたんじゃないのかと、ふんふん、、、、

インスは離婚をして、ソヨンも一人で、二人はあのあとまた連絡を取る機会があって、だからこれから二人だけの本当の外出が始まるのではないかと~~~。

おお。さすが、何度も観た人の感想。そうかもね。それを考えるとある意味サスペンスというか、隠されたテーマがまだありそうで、続編もできそうで、今度は外出ではなく、四月の雪ではなくなんだろう。

あのときの二人は最初は本当には愛し合ってなかったのか、
本当に恋ではなかったと思う。それとは別の感情だよね。
でもあとから、愛がついてきたんではないだろうかな~。

だからジノジノは最初のラブシーンまでを早々と描いてしまったのでは~~。
次から次から、いろんな疑問が湧き出てきて、
そして世界中のカジョクがこの映画について、想い、考え、語り合い、今頃はすごいことにネット上もなっているだろうし、

ジノジノ~~。すごい映画を作ってくれたな~。
ヨンジュンシ~、すごい映画に出たな~。

そう思わずにはいられなくなった。
終わってからも、こんなに語れる映画だったんだ。
ネタはつきそうにないよ。

推理小説を読んでるみたいだった。
答えのない推理小説、これが第一回を観ての感想。

答えを見つけていいのか。
見つけてしまうより、探してるときのほうが、楽しいのではないだろうか。

ジグソーパズルを組み合わせているような
そんな映画だと思いつつ、今日は夢の中でパズルのピースを手に持ち、
どこに並べるか悩むんだろうな。

おおおおおーーーし、どこまでも悩んでやる~

ここまで読んでくれた方。いましたら、お付き合いいただきありがとうございました。
何でもかんでも、ヨン様だったら素敵~って言う私ではないので~
ごめん、そういうところもあるんですが~。

映画は別。たくさんの人がチームとして作るもので、
丁寧に作っていることが前提、だから厳しくもなり、あまのじゃくにもなります。

だめな人はスルーしてね~~~。
また次回をお楽しみに~~。(楽しんだのは自分だった~~)ありがとう~~ 
スポンサーサイト

コメント

3回目。

夕べダンナと一緒にみてきました。
彼の韓国度プロフィールは・・
JSA,シュリ、ブラザーフッド、シルミド、を私が借りてきたのを
一緒に観ました。猟奇的な・・は途中降板
韓ドラ興味なし。
そして映画館で見る価値あるのはSFとか戦争ものの迫力あるものと思ってる。

感想「昼ドラとかでありそうな話」「悪くはないけど、良くも無い、何回も観に
行くほどじゃないだろう」

まっ期待はしてなかったけど、好感触ではなかったですね。
一般ピーポーってこんなもんなのかなあ?うちのが偏りあるのかな?

わたしの感想「今後は隠れて観にいかなくちゃ!」「3回目にしてインスの内面に
近く寄り添えた感じ・・まだまだ観なくちゃ!」・・やっぱりカジョクの偏った目なのかな?
まあいいか、人がどうでも自分がよければね(^_-)-☆
韓国の興行成績や、評価にこだわらず、JOONが自分の演技のプラスになったって言う経験を
良かったって感じてがっかりしないでくれたらいいな。

2回目で気づいたこと。
カードゲームのとき、靴音?
ず~と、耳すませてたけど、聞こえなかった。
誰が靴って言ったんだろう(笑い)

食器だったのねん^^

ヨジャさんありがとう!
さっきほかのとこでも教えてもらった^^
食事に出るのも惜しんでめくるめくときを
過ごしたことをあらわしてるそうな・・・
納得!!
明日無理やりだんな連れて3回目いってくるよん^^

わ~・・ヨジャチングさん
ありがとう。
<そして、「四月の雪」が降って、確信した。
有り得る事だったんだって、奇跡は起こるんだって。
自分達の様な境遇でも、それが出会うべき「運命」だって、はっきり分って、ソヨンに電話したんだと思う。>
これだ、すっきりした・・・。
あの、引越しの荷物の上に、ソヨンにもらった鉢植えが育っていた。
インスは枯らさなかったんだ・・。大事に育てていたんだ・・・。
でも、そんな気持ちがあるにもかかわらず、ケイタイの番号をしっていたにもかかわらず、すぐにソヨンに会わなかったのは?って思っていた。
<だから本当は、一緒になるのに障害になる物はなかったんだけど、あの愛が「本物」なのか「同情」なのか「成り行き」なのか…
インスにも分らなくて、時を過ごしていたんだと思うよ~>

本当にそう思う。

☆廊下のは食器だった。私も、ルームサービスを利用するぐらいこもっていたんだと思う。
・・朝帰りどころか、15時帰りって。



もひとつ追伸

YUNちゃん、あの廊下のクローズアップは
食器だと思うんだけどな?
誰か、靴って言ってたけど。

ルーム・サービスか、何かの…時間の経過を表したんじゃないかと思うんだけど。

誰か、ご意見はないですか?

追伸

今頃ごめんーーー。

ありみさーーーん、インスはね?!
彼が死んだと聞かされて、泣いてたあの後、スジンと別れてるんだよぉ~(めっちゃ、ネタばれ)
引越しの荷物の中で、焼きそば?すすってたんだよー。

だから本当は、一緒になるのに障害になる物はなかったんだけど、あの愛が「本物」なのか「同情」なのか「成り行き」なのか…
インスにも分らなくて、時を過ごしていたんだと思うよ~

そして、「四月の雪」が降って、確信した。
有り得る事だったんだって、奇跡は起こるんだって。
自分達の様な境遇でも、それが出会うべき「運命」だって、はっきり分って、ソヨンに電話したんだと思う。

そして、最後の場面のドライブ…
だから私も、二人は結ばれたと思う。

長い追伸…ミアネヨォ~

「家族」でないチングを誘って、行って来ました。
いい友達で、2回連続で見るのにも、付き合ってくれた~。コマウォ~

2回目で、不思議だけどカット部分を気にしないって、思って行ったからかもっとのめりこんで見れたような気がする。

インスの表情ひとつ、ひとつをじっくりと見た。細かい部分の配慮がどうなっているのかって、目を凝らしてみてきたつもり。

3回目になると、自分の頭の中で、粘土が固まるような感触を覚えた。

それは、2回目を観終った所でであった、2人の壮年の奥様のお言葉が影響したかもしれない。

「静かな映画だったわね…。これは、若い人には分からないかも。でも、感情表現のすごく要求される映画で、(ヨンジュンさんは)大変だったわね…。でも、うまく演じていたわ。誰にだって出来ないわよぉ~。台詞もゆっくりで、大人の映画ね。」

グッズ売り場でであったその人は、映画の評論を、さらりとしてのけた。
ほぉ~…、なるほど。
さすが、年季の入った(様に見えた)方だ。

その総評を聞いて3回目に突入したので、自分が大人だって、証明したかったのか、私の頭は、この映画をキャッチした。(そんな気がした…笑)

事実前回泣けなかった所で、涙が出てきた。
昨日韓国公式を開いたまま、BGMで流し込んでいたので、その曲が流れると「パブロフの犬」状態になったのか、泣けてきた。

前回とは違う不思議な余韻で、帰ってきました。そして、私は今度はいつ行こうかと、計画を練っています。

☆その他~~~

今日は平日で、オバサン年齢が多かった。
(自分も充分にオバサンなんだけど)
私より5つも年下のチングは、普段映画館では見かけない年齢層だと言って、笑っていた。(汗)

らきさん、おつかれ~すごい記憶力~ありがとー。

あめちゃん、映画の途中で、寝るなよなぁ~

Yunちゃん、よい提案、だんな様にお願いします。健全な一般ぴーぽーはどう思うんだろう。
ぜひぜひ聞きたい。

ここで叫んでる私たちはすでに脳内麻薬に犯されてるわけだから~~。ふつーの感覚の人に観て欲しいよ~~。

カードゲームの必然性はあった?
すごくかわいかったけど、あのぱっぱっぱって変わる場面展開を今回は、やってみたかったのかな~?
カードゲーム全然何かわからなかった。
そのあとの靴も忘れてしまってるし~~。
ごめんよ~~。次観たらよろしくね。

風ちゃんのコメントも哲学的だ~~。
四月の雪はありえないことの象徴だったのかな~。そんな気もしてるんだよね。

っていうか、錯覚だったのかなって、幻のなかのことだったのかなって、映画も場面転換が早くて消化不良だったよね。

でもね。本人たちも映画のなかでっていうか、あの舞台のインスとソヨンもすごい長い時間をかけて燃えた関係ではないんだよ。きっと、、、
だからぱっと燃えて、ぱっと消えた花火のようなもの。

私は愛の物語っては思わなかった。
恋とも違うと思った。それが何かは今もわからんですが。

ありみさん、は音に注目したんだ。
私はそこまでも観てなかった。
静かだったよね。淡々と進んでいくよね。

二度目のベッドシーンは辛いからあんな顔をしてたの?そうだったのか、
罪悪感とそして、達成感、これは一度に味わいたくないもんね。
すごく切ないシーンなのか~。

ありみさんの前向きな最後はいいよね。
そう取れる気もするし、違う道へ行く気もする。どっちかな、どっちがインスかな。

らきさん、ピースを自分で作らないといけないんだよね。それができてる人と、できてない人では感想はまるで違うと思うよ。

歌の歌詞は欲しい~~て、叫びそうだったら持ってきてくれてありがとう。じっくり読みます。
ネタバレは皆さんOKですよね。大丈夫だヨン。

二人は運命の二人なの?偶然って運命のなせる業?それだと運命か~。しかしこれを運命とさせるのにはちょっとね~。

ヨジャ、行間ね~。それは映画の通のいうことだよね。でも、そんなこと考えて観にいってないよう~。
まずはインスを観たい、そしてそのインスを通して、映画を観たいと思うのがカジョクじゃないか。

えっ、それじゃだめだったのか。
ジノジノワールドとしてまず受け止めるほうが先か、そう思うと、そうか~って納得しそうだね。

「八月のクリスマス」も玄人受けする映画なのかな~?私もよくわからんかった。だって何度観ても同じところで寝たし~。ごめん。

脚本もありえないようで、ありえる現実ととらえると、あの状況の中では何が起こっても不思議ではなかったのかも。

本当に辛いときにふって笑ってしまったりするっていうよね。なーんにも考えたくないときもあるよね。
インスとソヨンもそうだったんだよね。

やっぱりお互いを求めるのは、時間など要らなかったのではないか、と今みんなのを読んできて、思い始めた。

でも、何が残った?
そこが私自身問題なの。
ペ・ヨンジュン?内容?
男と女?ベッドシーン?愛の行方?

どれも納得できない。
そういう映画なの?
これっていうものがないのがジノジノなんだよね。

2回目見てきて、最後に流れるThe Road 字幕を拾ってきました~・・。
ネタバレになる?ならないよね~・・・。
ただの歌詞だもんね~!

 「The Road 」 字幕
 
 この道はどこに
   続くのだろう
 その先に待つものは
   別の出会いだろうか
 引き返す道だろうか
 幾度となく
   陽が沈むように
 季節がめぐるように
 終わりのない
   この道は
 立ち止まれない
   運命だろうか
 私をつなぎ止めていた
   記憶のかけらは
 どこに
   消えたのだろうか
 白い雪に覆われた
   この道を歩き
 どうすればあなたに
   辿り着けるのだろう
 永遠に続く愛の道
   運命の糸に結ばれた二人
 永遠に続く愛の道
   運命の糸に結ばれた
 ・・・二人


2回目みた。
いろいろなシーンでの、悲しみの表情や涙の理由を、かんがえながら見た。
私のアタマでは2回ではよくわからなかったよ・・・。
↑でみなさんが書かれてることに、うんうん・・と、頷くしかない。

1回だけ見てきました。(勿論また行きます)

もう最初から、「ない?ない?ない?」
次から「え?え?え?」の繰り返しでした。

予備知識の入りすぎだったかなぁ~
しかし、それを「行間として理解しては?」と言うご指摘を頂いて…そうかも、そう思ってみれば良かったか?と思った。

けど、皆が思ったように、事前情報のまったくない人にこの映画がすんなり理解されるのだろうかと、心配になった。

ま、「八月…」もよく理解できなかった私なので、自分の物差しだけで、判断してはいけないと思うけれど…

頭の中で(カットが多すぎ~~~)って思ってたからなんだろうけど、理解しずらかった。

此処から、なんで、そうなるの?って…台詞も少なくて、難しいのなんのって…。

なんで、「ご飯は?」で「ベッド・シーン」何だよぉ~なぁ~んて。

私の観た映画館では始まる前に「私の頭の中の消しゴム」の予告編が流れたの…

熱く語る言葉と共に、表情豊かな主人公…それと比べちゃって、も少し「ヨンジュニ」としての良さが出てくれる映画が良かったなぁ~と、思ってしまった。

そう思うと、最後のコンサートで颯爽と仕事する場面は「待ってました!」って感じで。はは。

でも、ヨンジュニ自身が語っているように、この即興的に演じなければならない作風を経験し、このありえる様で、ありえない出来事を自分の事として経験した事は良かっただろうと思う。

俳優として、そういう表現の仕方はこれからも必要だろうし、幅が広がったでしょう。

そして人生には、倫理的、道徳的には説明のつかない事、自分の思考範囲ではまったく理解できない事も起こりえるって…やっぱりあるんだから…そう思えた事も。

ソヨンが言ってたよね…
「あの人も辛かったんだろう」って、そう思えた時、裏切られた者としてのソヨンの痛みは薄らいでいたと思う。

最後はきっと、二人は出会ってたよね…
だから、せめてソヨンが「サムチョク」までの切符を買ったシーン

インスが雪の積もった公園に行って、足跡を見つけるシーンは入れて欲しかった~

いままで何にも、情報を入れないで見た人には、理解しにくいのでは~・・。
不完全燃焼を、燃焼させるのは自分の脳内妄想映像なのかしら。
あめちゃんがいうように、ジグソーパズルなのかな・・・?
私は、シナリオ本を読んで、創作(boruさんのヤツ・・チガウケレド・・・インスだ・・)読んで、自分なりのパズルのピースがある・・・。きっと何度も見ても完全なパズルにはならないと、思うけれど、時間をかけて、埋めていきたいなぁ・・・。

それから、最後の歌詞、あれがすべてを物語ってるの?今日、また見に行って、あの歌詞の字幕を拾ってこれるかなぁ・・?そこまで余裕と記憶力あるのかなぁ・・・・?

私の感じ方

最初のうちは、とにかく音楽がなくて、とまどったかな?
大学生の映画研究会が作る映画が、よく「音」を響かせてるでしょ?
あれを思い出しちゃって・・。
ジノジノ、ごめんなさい・・。

でも、そのうち、その静けさの中で、二人の表情が物凄く強烈に描かれている事に気づき始めると、どんどん引き込まれていった。
特に、イェジンちゃんは上手かった!
私が途中でこみ上げてきたのは、イェジンちゃんの場面だもの・・・。
(やっぱり、女性の気持ちの方が、わかるのかな・・)
インスがスジンに食事をさせているところを見てしまうソヨン・・。
ソウルに行かれなくて(気持ちが)、喫茶店から部屋のインスを見つめるソヨン・・。
インスはお酒を飲んで泣くところよりも、2度目のベッドシーンで辛そうな顔をしてソヨンを抱いている時、「この人は凄い!」って思った・・。

ただ、私もメイキングの見すぎ・・(笑)
「あれ?あのシーンがないぞ??」っていうのがいっぱいあって、ちょっと不完全燃焼かな?
かえって、2回目の方が楽しめるかも・・。

最後の車の中の会話で、ポジティブな私は、インスは生活力のあるスジンと別れ、ソヨンと一緒になるに違いないと固く信じたのでした\(^o^)/

インスだけを見つめていた。
最後まで、ぶちぶちシーンが切れて、アップが多くて、う~ん。
「8月のクリスマス」と同じ監督?

今日1回しか見てないので、最後のシーンは
四月の雪はありえないこと、ありえないことが現実に起きても、それはありえないこと。
特殊な状態で始まった二人の関係、お互いに求め、愛と思ったけど、四月の雪と同じでありえないこと。これからどこへ行きましょうか?とふたりが結ばれる前のソヨンの言葉がラストで
四月の雪と一緒で消えると思ったけど。
よく、分からない。
監督、哲学専攻だったよね。

質問あったんだ!

カードゲームなにしてたんだろう?インスがぼろ勝ちしてたね^^
あっ本気の質問は~
そのカードゲームの次の場面で廊下の靴だかなんだかがクローズアップされたでしょ?
あれはなんだったのかな?重要な何かだった?

私も感じたよ、事前にほとんどネタバレな私達と違う人達には流れが、インスとソヨンの気持ちの奥がみえるんだろうか?それとも私達はあの場面この場面とカットされてるとわかるだけに不満が残るのか?これはダンナ連れて行って感想をきいてみるも良しですな。韓国物にはきびしいんだけど・・・最後の場面は私もインスとソヨンが外出中だと信じたいのですが^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


四月の雪 評価額・650円

●四月の雪をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 コンサート会場の照明ディレクターを務め


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。